第47回明治神宮野球大会


10月11日(金)から第47回明治神宮野球大会が開幕。

上武大学は初戦、富士大学と対戦。富士大学のエース小野の前に上武打線が打ちあぐねる中、2年生吉田のタイムリーヒットで先制。エース山下の力投と野手も粘り強く1点を守り切り勝利。

2回戦は名城大学に先制し、追いつかれるも、代打2年生の飯島が決勝打となるタイムリーツーベースで勝ち越し。エース山下も完投の力投を見せ勝利。

準決勝は明治大学に3-0と完敗。先発2年生寺沢が味方のエラーとホームランを浴び失点するも、その後は継投で明治打線に追加点を許さなかったが、明治大学好投手の柳、星の前に上武打線はチャンスを作れず無得点。

4季連続でのベスト4入りとなったが、実力を痛感する結果となりました。

来年こそはベスト4の壁を破り、日本一を奪還するべく、新体制を整え、強い上武大学を目指します!

今年は皆様からの温かい声援をいただき、ありがとうございました!

来年も上武大学硬式野球部への応援、よろしくお願いします!

試合 対戦日 対戦校 スコア 勝敗 先発投手 責任投手
1回戦 11月11日(火) 富士大学 1-0 山下 山下
2回戦 11月13日(水) 名城大学 2-1 山下 山下
準決勝 11月15日(木) 明治大学 3-0 寺沢 寺沢